アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
薬

水虫の治療なら皮膚科

皮膚の水虫は、体部白癬といい、白癬菌が皮膚に付着し繁殖してできた皮膚の病変です。
まず、小さな膨らみのある発疹ができ、それが輪の形に周囲に広がっていきます。
原因となる菌の種類によって患部の形状が多少異なります、輪の部分は赤みをもち、腫れている事もありますが、内側は異常がないように見えます。

病院受診は、皮膚科に行くと抗真菌薬を処方され、塗りながら経過をみていきます。菌が見えなくなって皮膚が治ったように見えても、塗ることをやめると、また皮膚症状が出てくるので注意が必要です。

錠剤

皮膚科で水虫を治療すること

皮膚科は皮膚に発症した炎症等を治療する診療科です。ビジネスマンが通院する原因で多いものに水虫があります。
常時革靴を履いて足元の空気の通気が悪く、なりやすい状態にあり、困っている人は多いです。

しかし皮膚科に行って治療するのも恥ずかしいという思いもあり、最近ではいい市販薬が販売されているため、自分で治療する人も多いです。

しかしうつる病気とも言われているので、治療するにも気をつけないといけないですし、治療にあたっての注意点は専門医から診断され、指導されるのが一番です。

▽皮膚科の方法
皮膚科が水虫つまり足白癬に対する治療方法は主に塗りお薬です。

足白癬の原因は、カビつまり真菌の一種である白癬菌が足に感染して起こります。
プールや不特定多数の人が履くスリッパなどから感染し、湿度の高い状態で増殖して発症します、真菌は湿度や高温を好むため、夏季は悪化し、乾燥する冬季には治ります。

治療は菌の種類によって違います、治療は検査で菌が検出されなくなった事を確認するまで続けます。日常生活では、足を洗って乾いた状態を保つことが治療と予防に有効です。

薬が入っているビン

水虫の薬と皮膚科

水虫に悩まされる人の数は、梅雨の時期を中心として全国的に増加するといわれており、積極的に薬剤の力に頼って治療を進めることが良いとされています。

もしも、市販品で対処をすることができない場合には、速やかに名医の在籍している皮膚科のクリニックを利用することによって、気になる症状を徐々に改善させることができます。

薬の選び方などに迷いがある人にとっては、専門家からのアドバイスを受けることが何よりも大切です。

ピルケース

薬の作用とは

病院で受診すると処方箋を出してもらいますが、薬とは本来人間の体で生成出来ないもの、もしくは体の機能を補助する成分のことです。

ヒトのからだは必要な栄養などは血液の循環で全身に運びますが、実は薬も血液に含まれるアルブミンと呼ばれるタンパク質にくっついて運ばれます。
なので、効果を良くするためにはこのアルブミンが血液中にたくさんないといけません。
アルブミンはタンパク質の一種なので、内服する時は最低限のタンパク質の摂取も大切なのです。

▽薬の歴史と今後
薬の歴史は古く、縄文時代から草が病気治療のために使用されてきました。
草以外にも虫や鉱物といったものも使われていましたし、長い時を経てあらゆるタイプのものが作られてきました。人類の歴史と同等のものといえます。

薬の今後としては、皮膚科での水虫治療のように病院でしか処方されないものも、店頭で購入できるものも多くなってきます。
また通販でも購入できたりするものも出てくるので、小さな病気治療ならば病院に行く必要も少なくなってきます。